2019.5.29 | ▶美顔器で気をつけること

小顔のために使用している方が多い美顔器や美顔ローラー。正しく使わないと、皮膚は硬くなり、表面が分厚くなってしまいます。なぜ皮膚が分厚くなるのか、考えられる原因は過度な摩擦です。

美顔器を使う時には、4つのポイントに気を付けましょう。

●機器が滑りやすくなるクリームやオイルを先に塗ること

●強くこすったり、強く押し当てないようにする

●長時間の使用は避けて使用目安の時間を守る

●使用後は肌への水分補給と保湿をしっかりケア

美顔器や美顔ローラーの役目は筋肉のコリをほぐしたり、表皮と真皮の間を通る毛細血管の流れを良くすることです。それによって、小顔やリフトアップ、美肌の効果が期待できると言われていますが、使用の際に直接肌にローラ―を当てて使用したり、強く押し当ててしまうと、肌の表面を強く刺激してしまいます。

すると、肌はその摩擦の刺激に耐えられるよう、皮膚を分厚くを作って硬くしてしまうのです。例えば、野球の素振りをしていて、手にマメが出来るかと思いますが、顔の肌も似たような現象が起きているというわけです。

 このようなお肌の状態になってしまう原因には、摩擦が考えられます。

 ▶筋肉は柔らかいのに、表面だけがつっぱっている

 ▶フェイスラインだけ、色素が濃くなっている

 ▶頬だけ皮膚が、分厚くなっている

当院、小顔矯正コースに通われているお客様の中でも、このような状態になっているお肌を見ることがあります。実は、その共通点として美顔器、美顔ローラーの使用がある方がほとんどでした。また、残念なことに、ほとんどの方が、こちらからお伺いしないとご本人自身そのことに気づかれていません。

該当するお客様には美顔器等の使用をアドバイスさせて頂き、約1ヶ月以内には皮膚の状態に少しずつ改善がみられ、現在は良くなった状態を維持されていますが、このように、キレイになるために頑張っていることが、実はお肌を気づ付けているということがあるかもしれません。

まずは、基礎的なところから気を付けて頂き、ご自身の美顔器や美顔ローラーでお顔をもっと美しくしていきましょう。

ゆめたか接骨院金沢院、美容整体師の髙島から、美肌のワンポイントでした。

ご質問、受診予約はお電話にてどうぞ。

ゆめたか接骨院 金沢美容整体 TEL:076-255-0398

全国交通事故治療院認定院 

 

※効果には個人差があります。体験談は個人の感想です。

ご予約・お問い合わせはこちら

TOPへ戻る